千景台:四季の変化が楽しめる

区画名が示す通り、春の新緑、夏の青空、秋の紅葉、冬の雪景色と千変万化の四季を楽しめるエリア。傾斜に合わせて建物を配置すれば関東平野を一望する事も可能。那須ハイランドの中央に位置し「那須ハイランドのヘソ」となっています。


横沢・横沢見晴台・横沢つつじ野台:緑の多い横沢エリア

横沢エリアは全般的に緑が多く、ナラやクヌギの他ヤマザクラなど多種多様な樹木に囲まれたエリアです。夏場は緑が多く木漏れ日の中で過ごす休日はゆったりとした時間が流れます。冬場は落葉した木々の間から関東平野の眺望が望め四季を通して楽しめるエリアです。



横沢つつじ苑:緑を愛する方におすすめ

ツツジの群落が自生し、毎年ゴールデンウィーク頃には妖艶なヤシオツツジや可憐なヤマツツジの開花が楽しめます。緑が多く標高が低く比較的平坦なため菜園やガーデニング向きのエリアです。


くぬぎ平:標高は低いが眺望の取れるエリア

くぬぎはブナ科の落葉高木。夏にはクワガタが集まり、秋にはどんぐりが実り、静かな森をほんの少しにぎやかにしてくれます。那須ハイランドでは標高の低い位置にありますが土地に傾斜があるため那須野が原の樹海を望むことができます。


うぐいす台:鳥のさえずりで目覚める

鳥獣保護区に指定されている那須ハイランド内には数多くの動物が住んでいます。春から夏にかけてはウグイスの美しい声、秋から冬には松ぼっくりをかじるリスの姿が印象的です。鳥のさえずりで目覚めた朝は1日中やさしい気分で過ごせることでしょう。